TO TOP
展示館ガイド
1階:古書室
2階:展示室
3階:セミナーホール
雄松堂twitter
雄松堂facebook
雄松堂blog
お問合わせ
雄松堂WEB



Large folio. 326 of 328 leaves ([20], CCLXVI, [5], [1, blank], CCLXVII-CCXCIX, [1] leaves). Lacking the two final blank leaves. 。

 本書の内容はニュルンベルクの人文学者で歴史家のシェーデルが、天地創造から同時代にいたるまでの奇事、異聞を集成したものである。
 本書は挿絵入り十五世紀刊本の中で最も重要な書といわれもので、ミヒャエル・ヴォルゲムート(Michael Wolgemut, 1434-1519) とその義理の息子ヴィルヘルム・プライデンヴルフ (Wilhelm Pleydenwurff ) の工房による1809点の木版挿絵が全編を飾っている。当時この工房には徒弟としてデューラー (Albrecht Duerer) がいたことが知られており、本書の版画製作にかかわっている可能性もある。
 挿絵には聖書や古代・中世などの人物・場面が多数描かれているほか、ケルン、ヴェネチア、ローマ、ニュルンベルクなどの大都市を描いた一連の風景画があり、同時代の地誌学的記録としては大きな価値を持つ。本文と多数の挿絵を見事に統合した本書のページ・デザインは後世の書物や19世紀の私家版などに大きな影響を与えた。