4.ラッカム画「アーサー・ラッカム画集」
Rackham, Arthur (illust.)
Arthur Rackham's Book of Pictures. With an introduction by Sir Arthur Quiller-Couch.
London: William Heinemann, 1913.
sold 4to. First trade edition. 43, (1) pp, 44 color plates (including frontispiece) mounted on tan paper, with descriptive tissue guards and 10 drawings in black and white. Original cloth with brown dust jacket, slightly soiled. Inscription on front fly leaf. オリジナル・カバーが付いています。
「『アーサー・ラッカム画集』(1913)は、ラッカム・スタイルの作品および画風が概観できるもので、小妖精、おとぎ話、子ども、怪奇、ファンタジー、名作とジャンル別に44点の色彩画が収められている。なかでも傑作とされるのが、「キューピッドの小道」(テイト・ギャラリー蔵)、世にも恐ろしい「リヴァイアサン(巨大な怪獣)」、そして「フォッグ」である。「フォッグ」には霧の怪獣の足元で嘆願するカップルが描かれているが、このモデルもラッカム夫妻なのである!」(「〈子どもの本〉黄金時代の挿絵画家たち」リチャード・ダルビー著 吉田新一 宮坂希美江 訳 西村書店、2006年 p.81より)